​寺ヨガ特別クラス

3月2日 (土)会場:本願寺別府別院

◎ 午前の部 9:30~12:15

「アーサナ&プラーナーヤーマ」

〜アーサナ(坐法)〜

前回の特別クラスの座学ヨーガでは「インテグラル・ヨーガ」のうち、八支則(アシュタンガ)を学びました。

今回は1、ヤマ(禁戒)2、ニヤマ(進戒)の次の段階3、坐法(アーサナ)4、プラーナヤーマ(調気)の実習です。

 一般的にYOGAというと3のアーサナを中心としたスタイルを指す場合が多いかもしれません。けれども、アーサナはヨーガのシステムのほんの一部に過ぎないということを心に留めておきましょう。

私たちの魂は「身体」という乗り物に乗って旅をしています。この乗り物に不具合やトラブルが生じると良い旅はできません。幸せ行きの旅をより快調にしてゆく為に、安定して心地よい状態の身体に整えることは大切です。

アーサナの修練は目に見え、感じることの容易い肉体という粗雑な領域からアプローチすることで、より精妙な領域に意識を広げることが出来るようになる為のステップです。

ManaYogaでは一つ一つのアーサナをポーズとして留める方向ではなく、既に存在している「気」の流れに委ねることで一つのカタチ(アーサナ)が現れていることを意識してポーズを行ってゆきます。

「気」が身体を通し流れ続けてく過程で気道を通り、浄化が起こり老廃物が徐々に取り除かれると不安や恐れといった感情も落ち着き、身体の強張りや緊張がほぐれ、筋肉は適度に鍛えられ、不調は改善の方向に向かう自然治癒力が高まります。

自分自身にYES!と言うことは神に心を開くことであり、神に背を向けることは自分自身にNO!ということです。

「幸せ」行きの旅とは、わたし達の理解力を超えた神の領域に向かうことです。

〜プラーナヤーマ(調気)〜

*プラーナヤーマはより慎重に扱う実習のため朝食は控えてきてください。どうしても空腹の抑えられない人はAm7:00までにコップ1杯のジュース若しくはミルクを採る程度。9:00以降はお水も控えてください。

 

プラーナとはあまねく宇宙に満ちている気、生命エネルギーです。ManaYogaのマナですね。プラーナは全てを動かす動源の力です。わたし達は呼吸を通してプラーナを取り入れてプラーナによって肉体、精神、活力や精力といった生命そのものが保たれています。

 

やる気、元気、根気、弱気、強気、陽気、陰気、勇気、わたし達の気分も、

何か行く気がしない、、清々しい気分になる場所、、気が滅入る出来事、、

全てはプラーナのことを言っています。

プラーナは肺の活動を通して体内に入り、神経を通りその肉体と心と精神を繋ぐ重要な役割をしています。

宇宙エネルギーという計り知れない力を、字のごとく神のみちである神経経路に繋ぎ整えるというメソットです。

プラーナヤーマは宇宙生命エネルギーという大きな力を扱うことです。

 

誠実で謙虚な気持ちで受け取り

純粋さの中に受け取ったものを愛に留め

感謝と共に差し出し明け渡す

 

慎重に扱うべきものなのです

 

◎ ランチタイム12:30~13:30

*食後のチャイブレイク付き

お米やお野菜にごだわったカラダとココロに優しく丁寧に作っているエンジェルさんのお弁当をご用意します。

別途注文になります(¥800〜¥900)希望の方は予約をお願いします。

 

 

 

 

 

 

◎ 午後の部13:30~15:00

座学テーマ「バクティ・ヨーガ」〜さっと和&キールタン〜

ヨーガの起源は今から4500年前にさかのぼる!と言われています。その中でバクティ・ヨーガは「ウパニシャド」(奥義書)という文献にあることを見ると、起源をさかのぼるおおよそ2300年前と言われています。

その大海のごとく時の彼方を超えた教え、そのエッセンスに触れてみるところから始めようと思います。

 

バクティ・ヨーガ=「親愛のヨーガ」

見返りを求めずに欲望、エゴを超えた純粋な愛のかたちで、神に自己の全てを放棄し明け渡すことで神との合一へ向かうヨーガの道です。神を熱烈に愛し全てを神に捧げきる姿勢を貫き、神の愛の至福に溶けてゆくこの教えはヨーガの究極でもあります。

ジニャーニ・ヨーガ=「知識のヨーガ」

経典」「理由」「経験」を原則として、身体や心、社会や身の回りの事象は全て意味がなく、全ては「真我」であるとする境地へ向かうヨーガの道です。哲学的であり、大変高い教えですね。

カルマ・ヨーガ=「働きのヨーガ」

行為、行動、仕事を通して日常生活においてヨーガの教えを実践することで自身を浄化して本質に向かうヨーガの道です。目の前にあることの結果に執着せずに奉仕することを修行とするので暮らしに生かせますね。

ラージャ・ヨーガ「瞑想のヨーガ」

前回ヨーガ・スートラで勉強した「八支則」の段階を通じて、あらゆる事象に対して正しい認識を持てるよう意識を高め、自己の理解が高まるように肉体やエネルギーを鍛錬し、感覚を制御して深い瞑想に向かうヨーガの道です。「王道のヨーガ」とも呼ばれる統合的に導く教えです。

キールタン

バクティ・ヨーガの行法の一つであるキールタンをしてみましょう。

キールタンは神の御名を称え歌う親愛の歌です。歌うことで神の愛に没入してゆくことで神への歓喜に浸りその愛の中でエゴを失い、私達の本質が愛であり、それは=神であることを知り、純粋な親愛へ意識を高めてゆく方法です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会場:本願寺別府別院(トキワ別府店の前 駐車場あり)

   0977-22-0146

参加費:午前の部

    *マナヨガチケット1回分+¥1000

    *ドロップイン¥2000+¥1000

 

    午後の部

    *マナヨガチケット1回分

    *ドロップイン¥2000

 

*ランチは別途です。

*午前午後どちらかの参加も可能です。

​©  Mana Yoga Proudly created by Chieko Kobayashi

halemnayoga.com

  • Facebook Social Icon