SINGLE POST

屋形島リトリート

June 2, 2019

龍神様の水の湧く島 屋形島

台風でキャンセルになった1年前のリトリート企画からのリベンジ!

今年はウエサクの満月

その采配は

 

一年にあるかないかの大嵐。。

定期船の欠航。。。

 

みんなの安全を第一優先して決行出来るかどうか

白紙に返った計画していたスケジュール

大荒れの波のように押し寄せる心配と決断と狭間で揺さぶられるココロ

 

出来ることは一つ

ひたすらに心の平安に集中し続けること

とてもシンプル

 

 

大嵐は私たちを内側に導き

思考で散らかった頭の中を洗い流してくれる

 

不安を煽るように思えた打ち付ける雨音も

思考が洗われるにつれ心地よく

優しくささやくような

ナーガとサラスワティの愛のブレッシング

 

内側に向けられたみんなのココロは「わ」となり

花の上の雫と雫がはじきあうこと無くひとつの雫になるように

ひとつに融けてゆらりと静かにきらめくココロの雫

 

大雨の水も 雫の水も 巡り巡って 命の水

 

還る源は一つ

何も分かれていないことを思い出そう

 

 ほんの一瞬だけ現れてくれたお月様

シヴァとホワイトターラ

 

屋形島ゲストハウスオーナーであり、緋扇貝の漁師である猛君に船を出してもらえたおかげで

雨具と救命具をつけて水しぶきを浴びならの島渡。

こんなアドベンチャーも楽しめるみんな流石ヨギーでした。脱帽!

本当にお疲れ様でした!!

 

 カラダのヨガは徹底的にゆるヨガ2日間!

ゆるヨガは宇宙身体論、是非皆さん受けるべきです。

ゆるむことの真の重要性を驚愕するほど受け取ります。

ゆるめばゆるむほど本来の力は湧くのです!

集中のためシャバアーサナしか記録ありません、笑。

 

今回は仏教からの視点からも、ブッタの教えの概略を学ぶ時間を持ちました。

どんな教えも本来は分かれていない。

ラーマ・クリシュナやパラマハンサ・ヨガナンダもヒンドウー以外の教えを自ら実践している。

 

大嵐の島の3日間は瞑想も朝のプラーナヤーマも集中度の高い深い時間をもたらしてくれました。

参加者全員が、静かにハートの奥にあるほんとうの自分自身の領域に触れるような

神聖な時間を持てたことは恩寵以外の何ものでもなく、想定以上のリトリートをギフトしてくれた

全ての計らいに感謝します。

 

 

 

 

 

 

2日分のカレーを仕込んでゆきました。

ココナッツのコルマ、サンバル、ゴロゴロ野菜と厚揚げマナカレー

キッチンでチャイの作り方を伝授するヤス君。佐伯のオーガニックカフェ茶蔵さんのお弁当&猛君作の緋扇貝ソテー♫

 

 

 

 泳ぐ気満々で便乗してきたマー君、海を見てがっかりの後ろ姿。

 

 

 ゲストハウスの充実した本棚はそれだけを堪能しに行く価値あり!

雨の読書の時間、この上なく豊かです。

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

​©  Mana Yoga Proudly created by Chieko Kobayashi

halemnayoga.com

  • Facebook Social Icon